復活の一風堂

ブログを大分ご無沙汰。

著しく体調を崩してしまい、心身ともに疲弊。

元気が出ず、いつもできていることが全くできなくなった。

仕事はなんとかできている。

  • 飲み会
    • 一滴も飲めないどころか、毎日夕方以降調子悪い
  • 美顔器
    • NEWAリフトできず、顔だだ下がり。少し前にハイフしてたのがまだ救い。
  • ブログ
    • もう、どうにも書けない
  • 運動
    • やりかけてつらくて辞めた
  • 掃除
    • ルンバ起動する元気も無い
  • 自炊
    • 数年間毎日弁当持って行っていたのに、コンビニ生活に
  • ダイエット
    • 絶対飲まなかったスポーツドリンクやジュースの消費量が増え、すごいことになっている

 

やっとここ2日あたり、元に戻りつつある。

今日はなんと夜にラーメン食べに行くほど元気に。

一風堂の赤丸。

ネギ抜き。欲張りすぎた付け合せと共に…

f:id:nagisa_diary:20230418205212j:image

 

替玉まで頼んで堪能。

もうすっかり元気な気がしてきた☀

新しい季節、皆様も体調ご自愛ください。

 

【金沢旅行】回転寿司すし食いねぇ!金沢高柳店

加賀屋に宿泊した翌日、和倉温泉駅からサンダーバードに乗って金沢駅に戻ってきた。

加賀屋の話はこちら。

nagisa-diary.com

 

兼六園に向かうタクシーの運転手さんが軽快なトークで、

「どこから来たの?」「金沢でこんな晴れる日本当にめずらしいよ!」とか、色々お話して下さるので、回転寿司屋さん情報を聞いてみた。

「どこも美味しいけど…近江町市場は混んでるしねえ。すし食いねぇはどう?」

「あー先に調べてて、県庁前のお店に行こうかと思ってたんです」

「県庁前だと駅から遠くなるよ。高柳がいいよ」

ということで、お寿司のことをずっと思い浮かべながら、雪が残る兼六園を見学。

確かにピーカンな晴れのお天気。青空と雪のコントラストが綺麗。

f:id:nagisa_diary:20230306194007j:image

 

ある程度回ったところで、食いっぱぐれないようにタクシーで移動。

兼六園から車で10分程度。全然近い。金沢駅からも同じくらいみたい。

 

もう庭はいい、お寿司のことしか考えられない。

兼六園もその前の日に行った美術館も激混みだったし、どうしよう人が多かったら、どうしよう食べられなかったら…!

また次のタクシーの運転手さんに、

「観光客はあまり高柳には行かないのに」

「さっきタクシーの運転手さんに教えてもらいました!」

「もしあれば、ガスエビっていうのを絶対食べたほうがいいよ」とか教えてもらいながら、到着。

 

ドキドキしながら、お店に入ったら、やった!すぐに入れた~

www.sushikuine.co.jp

 

ガスエビは残念ながら無かったけど、ここのお寿司はなんでもめちゃくちゃ美味しい♡

 

地魚3種(だった気がする)
f:id:nagisa_diary:20230306194119j:image

ふぐ(皮ついてる)
f:id:nagisa_diary:20230306194134j:image

甘えび(ガスエビほどではないのかもだが、ときめくほど美味しい)
f:id:nagisa_diary:20230306194153j:image

蟹みそ&蟹
f:id:nagisa_diary:20230306194211j:image

来ましたのどぐろ。お代わり!
f:id:nagisa_diary:20230306194232j:image


f:id:nagisa_diary:20230306194250j:image


f:id:nagisa_diary:20230306194307j:image

 

帰りは、隣にあったアルビスというスーパーで、ビーバー(おかき)やら加賀屋あかもくドレッシングや、お麩等たくさん買い込んで、

流しのタクシーもいないので、散歩で30分金沢駅までウォーキングして帰ってきちゃった。

 

絶対今日はどこもお寿司屋さん混んでるだろうな、という日に、少し離れた支店にアタックしてみるのもいいかも。

それにしても地方のタクシーの運転手さんは何でも知っているのね。

回転寿司に限らず、おいしいお店聞いてみたかったな。(そういう番組があるね)

 

金沢駅周辺に宿泊した話はこちら。

nagisa-diary.com

 

 

Backstreet Boysで成仏

2月中旬に有明アリーナにBSBを見に行った。

www.backstreetboysjapantour2023.com

初めて行った有明アリーナ。

その日はとてもとても寒い日で、手持ちの中で一番温かいコートを着ていたのにぶるぶる震える程。

会社終わりに向かったけど、近くに入りやすいカフェも無く、フード販売も長蛇の列で、お菓子と飲み物を持ってきていなかったらやばかったなあとヒヤリとした。


f:id:nagisa_diary:20230304084246j:image

入ってみて初めて気づいた、あっこれDNAのアルバムツアーだったのか。遅い。

昔の曲はほとんど知っているのに、最新アルバムはあまりチェックしていなかったのだった。詰めが甘い。

DNAの曲ばかりだったらどうしよう…と思ったけど、結果的にはそんなこともない、というより、感激の嵐みたいなセットリストだった。

 

ステージが始まると、えっこれは夢?みたいな気持ちに。

Kevin, Howie, Brian, AJ, Nickは全員がCDと同じ音声で、ダンスがうまく、最初リップシンクを疑っていたくらい(失礼)、でもどうみてもやっぱり生の声で歌っていた。

信じられない。

しかも変わらずかっこいい。どういうこと。

想像を超えるタレントに脳がバグり始める。

 

高校の時からBSBの大ファンで、Inrockを毎月楽しみに買っていた。

推しがコロコロ変わり、低音Kevinだった時もあれば、甘ーい声のHowieだったこともあり、ストレートな声のBrianなこともあり、そしていつでも大好きなNick。(AJも歌ウマで好きです)

 

大学受験をしていた時に、合格したら絶対にBSBのコンサートに行くんだ!というのがモチベーションで毎日頑張っていた。

のに、なぜこんなに年月が経ってからの実現なのか。

タイミングが合わなかったのか、苦学生だったからお金がなかったのか、社会人になったらちょっと熱が冷めてしまったのか、よくわからないけど。

思ったより時間は経ってしまったけど、私の中にとても小さく残っていた高校生の時の私がものすごく喜んで感動して、今の私に連れて行ってくれてありがとう、とお礼を言っているような感覚。

なんか言葉はおかしいけど、"成仏"したくらいのスカッとした気持ちを味わえた。

夢のリスト、また一つ達成。

 

BSBをよくカラオケで歌っていて、私の歌が下手なせいもあるけれど、なんかいつも思っていたのと違う気がしていた理由が今回初めて分かった。

声が重ならないとBSBじゃない。

どんなに歌が上手い人が一人で歌い続けても多分BSBには近づかず、ものすごい歌が上手い人たちが声を重ねてハーモニーを作った時に、BSBになっていくんだな、と思った。

それにしても、本当なんでこんなにBSBが生でハモると破壊力強いの。

”All I have to give”でやられた。ハンマーで岩のようなストレスを破壊されるような衝撃と、そのまま手を引かれて心地いい海辺に連れて行かれるような。

表現がおかしいんだけど、彼らの生声のハーモニーにはそれくらいの力があって、もう、拝まざるを得なかった(笑)

神様仏様BSB様。

www.youtube.com

 

女性は「上書き保存」と言うけれど、推しについてはそんなことも無い気がしていて、

今回私の心の中に"181"というスペース(18歳時の一番いい部屋)は確かに存在して、そこに5人はずっと住んでいて、ずっとその存在は忘れていたけれど、本当に久しぶりにノックして入ってみたら、前と全く同じ感覚で「大好き」の海に自然に入っていける、そんな感じ。

一度でも深く好きになった推し、聴きすぎた曲達は、やっぱり上書きなんてできなくて、自分は気づいていなくても、自分の中のどこかに残り続けているものなんだろうね。

BSBだけじゃなくて、他のこともきっとそうなんだろう。

 

最近同じように昔の部屋を思わず開けて、また幸せな気持ちになることが続いていて、

人生2週目なのかなんなのか。

 

とにかく昨日もイヤホンでApple Musicの"はじめてのBackStreet Boys"を大きい音で聴いただけで、嫌なことが消え去って、溶けていくような感覚に陥ったので、

これからもBSBを大事にしていこうと思う。

181に、新曲もどんどん入れていく。

”No place"いいよね!

奥さんとラブラブしているメンバーのミュージックビデオは、BSBに恋する女には若干つらい気持ちもあるけれど(笑)

推しが家族と幸せに過ごしてくれることが、何よりも嬉しいよね。

考え方まで大人になってしまった、もういい歳の私に気づいてそこも楽しい。

youtu.be

見れば見るほどラブラブですね。

 

早く映像出ないかなあ、これは昔のMV集かな、欲しい。

 

 

 

【金沢旅行】和倉温泉 加賀屋

金沢旅行は続く。

駅近辺で宿泊した新しい素敵なホテルの話はこちら。

nagisa-diary.com

もともと金沢に行きたいというのは夫がずっと言っていたんだけど、結構遠いイメージがあって、私がずっと渋っていた状況だった。

今回、加賀屋に宿泊しようという話が出たので、簡単に心が翻った。

www.kagaya.co.jp

 

いつ見たのか全く覚えていないけれど、花嫁のれん物語のドキュメンタリーで号泣した過去があり、和倉温泉には一度行ってみたかった。

今回はそのお宿では無いけれど、よく話に聞く加賀屋…行けるなら行ってみたい。

ということで、早速予約をして行ってきた。

 

金沢駅から能登かがり火号に乗って移動し(爆睡)、和倉温泉駅に到着。

駅でお宿の迎えのバスに乗って加賀屋へ到着して、バスが入り口に入った瞬間驚いた。

 

仲居さんたちが、本当に全員列に並んできっちりお辞儀されて出迎えされている…!!!

圧巻の光景。

もうこの時点でびっくり。すごい大人数の方々なんだもの。

しかもとても寒いのに!

皆様どうか風邪ひかないで下さい…。

 

中に入ると、さらに豪華で広い作りになっていて、お土産物屋もたくさん。

エレベーターに乗ると、大きな加賀友禅が眺められる作り。

お部屋はとても新しいという感じではなかったけれど、清潔で、景色も穏やかな海が広く見えてよかった。

 

夕食はお刺身を追加した”お造り10種盛り”プラン。f:id:nagisa_diary:20230303131408j:image
f:id:nagisa_diary:20230303131437j:image


f:id:nagisa_diary:20230303131846j:image

f:id:nagisa_diary:20230303131901j:image

f:id:nagisa_diary:20230303131452j:image

 

う、うにがある、嬉しい、お造りは子供にも同じものが出たのでもらってしまった。

お刺身、本当に美味しいものばかり。

そして、なぜか夫が頼んでいた焼き蟹。もー無言で食べた、美味しすぎて。

必死だったみたいで焼き蟹の写真がない、ごめんなさい。

(上は通常のお料理の蟹。これに追加で蟹たくさんいただいた)

 

蟹にも色々あると思う、昔別の旅館で食べたものは大きかったけど、味は普通だった気がする。加賀屋のは味もとても美味しかった。焼き蟹おすすめ。

他の料理も趣向が凝らされていて、どれも美味しく大満足。

 

そして、夕食の後は、子供についてきてもらって、楽しみにしていた「レプラカン歌劇団」に。f:id:nagisa_diary:20230303131651j:image

実は最初からここに行くと決めていた(笑)

いやーよかった。素敵な歌声やダンス、綺麗なお衣裳にメイク、見惚れたし楽しめた。

異次元に連れていってもらった感じで、お酒もいただきながらとてもリラックスできた時間だった。

実は宝塚も一度も行ったことないのだけど、歌劇にはまる可能性が自分にあることを確認した(笑)

repurakann.club

 

翌日もお見送りしてもらって、バスで和倉温泉駅へ。

皆で手を振ってお見送りいただいた後に、駅へ向かう最後の曲道のポイントまで、加賀屋の方が立ってらっしゃって深々とお辞儀をしてお見送りをいただいて、びっくりしてしまった。

インバウンドの外国人の旅行客もたくさん来ていたし、大規模な人気旅館なのだから、送る車も山ほどあるだろうし、細かいところがおろそかになってもしょうがないはずなのに、丁寧にお客様に接しているところが垣間見えて、これが違いなのかなあ、と考えてしまった。

私が今まで泊ってきた旅館では体験しなかったことがいくつも味わえて(レプラカンも含め)、面白い目から鱗の宿泊だった。

 

加賀屋は館内に見どころがいっぱいあって、それを回るだけでも楽しい。

天皇陛下が宿泊された際の御献立の掲示なんかもあり、びっくりした。

あまり外に出なくても、旅館の中に楽しいことが集まっているので、幅広い世代にもいいかもしれないと思った。

一休からも予約可能。

 

おまけ:

若い仲居の方に子供に飴をいただいたんだけど、これがまたパッケージも素敵で、美味しいの。f:id:nagisa_diary:20230303131705j:image

歩いて5分くらいのところに、大好きな辻口さんのお店があり、閉店間際に駆け込んだら、プリンが一つだけあったので、購入。

これが本当のとろけるプリン。湯上りに美味しくいただいた。

f:id:nagisa_diary:20230303131818j:image

 

おすすめ旅行グッズについて。

nagisa-diary.com

nagisa-diary.com

 

 

 

 

 

 

 

葛西臨海公園で原宿クレープ

この前原宿に行った時に、ものすごい混雑で見送ったクレープ屋さん。

nagisa-diary.com

 

何気にずっと根に持っていた。

原宿なんてクレープ食べに行くところなのに、行っても甘いもの何も食べないで帰ってくるなんて…ブツブツ。

クレープのために、シュークリームもカップケーキも見送ったのに食べられなかったから余計。

 

でも、神様は見ていたのか。

なんと、全く思いもしないところで原宿クレープにありつけた。

葛西臨海公園え?

 

夫とゴルフ練習場に行った帰りに、葛西臨海公園駅まで歩いていたら、駅周辺が整備されて綺麗なビルやお店になっているのに気がついた。

ffffff.sc

 

気づけば数年この駅では降りていなかった。

前はとてもよく来ていたのに。

テントを持って、駅前のマックで昼ごはんを買って、海の近くにテントを張って、中で読書したりボールで遊んだり。

なんか今より豊かな気持ちで暮らしていた時代。

一方で、少しでも風があると海風でつらい葛西臨海公園

いつも来る前に風速を確かめていた(笑)

 

うきうきしながら頼んだのは「バナナキャラメルケーキクリーム」。f:id:nagisa_diary:20230301230200j:image

中にチーズケーキのカットが入っていて、それがまた美味しい、

 

葛西臨海公園のゆったりな雰囲気とも合う、おしゃれな、そんなに混雑していない店内でゆっくり座ってクレープ食べられるなんて…めっちゃいい。

 

これからも原宿は混んでいるだろうから、葛西臨海公園に来ようっと。

調べてみたら、店舗は原宿だけじゃなくて色々なところにあることを初めて知った。

なんとクアラルンプールにもある! なぜ九州にないのにクアラルンプールにあるのか。

ホームページを見れば見るほど、またクレープ食べたくなってくる。

www.marion.co.jp

 

去年はジェラートを食べ歩いていたけれど、今年はクレープも追加してどんどん食べ歩こうと思ったら、急に元気が出てきた。

春が楽しみ。

【原宿ピザ&ロブスターロール】少し春ぽく、小さな夢を叶える

とても陽気の良かった日に、行ってみたかったところに行ってみる活動をしてみた。

一つ目は、原宿のSpontini。

spontini.jp

f:id:nagisa_diary:20230221225525j:image

マルゲリータとマリナーラを1枚ずつ。

いやーピザ美味しい。安い。こんないい立地で、大きさで、美味しさで、1枚1000円しないなんて。どういうこと。

 

ミラノに行った時に一人で食べた思い出の味。

夕方一人で買いに行ったら、店員全員が言い合いのケンカしていて気まずかった思い出のSPONTINI。もう仲直りしたかな。

 

東京でも変わらず美味しい。

マルゲリータの下が固くて、ナイフで切るのが難しいんだけど、こんがりザクザクしていてすごく美味しい。

 

その後、クレープを食べたくて竹下通りに行ったのに、混みすぎてて見送ってしまい、

そのうちに、お目当てのもう一つにたどり着いた。

 

www.flavorworks.co.jp

表参道キャットストリート店。

ロブスターロール(ライト)を2人でわけっこ。

レジのお兄さんがとてもいい笑顔で親切で、びっくり、有難かった。

観光客が多いだろうし、忙しかったり同じような質問を受けたりすることも多いだろうに、こんな今更ロブスターロール初回の日本人に優しくしてくれるなんて…

「こういうところも人気の秘密なのかもしれないよ」と夫が言った。


f:id:nagisa_diary:20230221225540j:image

初めて食べたロブスターは想像以上に美味しく、パンもカリカリで味が美味しくて、

えーびっくり、これならまた食べに来たいかもと思うような味だった。

レジのところに置いてあるシラチャーソースをかけたら美味しいですよ、と店員さんにおすすめされてかけてみたら、本当ーに美味しい。

 

一日に2つも行きたかったところに行けて、新しい食体験ができてとても良い一日だった。

私の人生を実現するTODOリストには300項目くらいのやりたいことが書かれているんだけど、それを一つ一つ叶えていくのが幸せで嬉しい。

最近、コロナも段々おさまってきて、街に出られるようになって、昔に書いたことが少しずつ叶っていて、その瞬間に感じる達成感とか、完了スタンプを押すような楽しみがあって、有難いなあと思う。

 

 

【金沢旅行】ホテルサンラクカナザワ

新幹線が着いたらそこは…ちょっと雪が残っている程度の金沢。

 

タクシーでホテルへ。昨年12月に開業したばかりのこちらのホテル。

ホテル山楽系列の新しいホテルということで、「新しい山楽の方ですね」とタクシーのお兄さんもすぐに分かってくれた。駅からタクシーで10分程度。

thehotelsanraku.premierhotel-group.com

夜に到着したら、照明がほの暗い。大人な雰囲気…!

どこも新しくてキラキラピカピカ。

 

素敵なお部屋はこちら。

f:id:nagisa_diary:20230217192116j:image


f:id:nagisa_diary:20230217192144j:image

YUKIZURI食べてみたかったの。f:id:nagisa_diary:20230217192206j:image

冷蔵庫の中にお水と、加賀棒茶のペットボトル。

加賀棒茶、珍しくてすぐにいただいてしまった。美味しい。


f:id:nagisa_diary:20230217192425j:image

 

アメニティは雪肌精。豪華ー。

お風呂が広くてちゃんとバスタブと洗い場があるので、複数のお子さん連れにも使いやすそうだと思った。

入浴剤まで置いてあった!完璧。

おそろしく風量のあるドライヤーも気に入った!
f:id:nagisa_diary:20230217192337j:image

備え付けの薄グレーのパジャマに着替えて、おやすみなさい。

ベッドも気持ちいいし、朝までぐっすり。

 

朝起きると、北國新聞朝刊が差し入れられていた。

珍しくてよく見てしまう。KOMATSUって小松にあるのね…初めて知った。

ちゃんとビジネスニュースが多い読み応えのある新聞だった。

 

朝食レストランへ移動。金沢ダイニング"きざはし"。

この日はお部屋自体混雑していたのか、少し入口で待ち時間あり。

レストランに入った瞬間、びっくりしたのは、

わー…スパークリングワインが置いてある!

普段飲まないのに、テンション上がって朝から飲んでしまった…。

ビュッフェはまず前菜を運んでいただいて、その後自分で取りに行くスタイル。

前菜美味しかった、お酒に合う(笑)


f:id:nagisa_diary:20230217192504j:image

とろける前菜の甘えび。
f:id:nagisa_diary:20230217192522j:image

 

ビュッフェの種類が多い!

新鮮なサラダ、天ぷら、お寿司、海鮮丼、ペストリー類…

金沢おでんや治部煮もあった。治部煮、美味しかった。

 

小さいハントンライス可愛い。
f:id:nagisa_diary:20230217192547j:image


f:id:nagisa_diary:20230217192604j:image


f:id:nagisa_diary:20230217192621j:image

こんな完成度の高い中プリンみたいなフレンチトースト食べたことないよ。おかわりした。
f:id:nagisa_diary:20230217192638j:image

 

少しだけ中庭も出られた。

f:id:nagisa_diary:20230217192740j:image

近江町市場から歩いてすぐ。

金沢城公園、美術館、兼六園にも徒歩で行けたし、よい立地。

またこの美味しい朝食が食べたくて、リピートしたい。

(クラブラウンジもあるらしいよ ひそひそ)