あなたに憧れています

退職する人へのメッセージを見ていると、「憧れていました」と後輩が書いていた。

憧れるのを止めましょう、は大谷翔平だったけど。

「憧れ」って何気に深い言葉だなと思った。

 

明らかに好き、いつも見てしまうくらい。

スタア的存在、容姿もライフスタイルもその人そのものが好き。みたいな感じ?

憧れの存在と自分とはある程度距離があるはず。

なりたいけど、こうはなれない。

今は、かもしれないし、多分一生かも。

 

憧れています、なんて言われたことがあったかな?と記憶を遡ってみると、こんな私でも数回はあった。

でも「え?この人私のこと見てたんだ」くらいの遠い知り合いの間柄。お世辞だったのかもしれない(笑)

憧れています、と誰かに言ったことは無い気がする。

芸能人とかのサイン会とかあったら言うんだろうか。

よく考えてみると憧れる人はたくさんいるけどなぁ。

料理家の人とか、暮らしぶりに憧れる人とか、

体がきゅっと締まっている自分をコントロールできる人とか。

いつも笑顔の人とか。

 

あなたは誰かに憧れられたいですか?

ちょっとドキッとしたのは、そのメッセージを見て自分が憧れの対象でありたい欲望がもしかしてあるのかなと思ったから。

近くの後輩とかに「憧れています」とか言われたら、嬉しくてポワワンとなってしまいそう。

あ、ここまで同性の話をしてる。

憧れのおしゃれな先輩になろう、なんて特集を組む雑誌も多いし、やっぱり皆どこかではそう思うものなのかな。

 

どうしたら私に憧れてくれるのかなぁ。

多分、そんなこと考えない人に皆憧れるのではないだろうか。

憧れられる人はきっと無意識の振る舞いが羨望を集めているんだと思う。

無になって周りをあまり気にせず、自分の好きなようにやって、好きな服を着て、そんな生活の先に誰かの憧れってあるんじゃないかな。

我が道を行く人はそれだけでも憧れの対象になるし。

憧れられたいな、と思い始めたら、その考えをすぐ捨てることからだな。

大谷は多分誰かに憧れられたいって思ってないもんね。

 

憧れについての考察、また続けてみようと思う。

 

 

自分の思考は自分が決めている

仕事から帰ってきた後に仕事のことを考えない方法を探している。

今のところ有効なのは、ダンベルを少し長めにやること。20分くらい。

15分くらいで頭がふわーとなって何も考えられなくなってきて、次の思考を探しに行こうとする脳の回路を仕事のことを細かく考えている以外の領域につなげるイメージ。

脳の回路は自分でつなげるところを選べると、「奇跡の脳」という本を読んで学んだ。

https://toyokeizai.net/articles/-/614637?page=4

 

ダンベルで体を疲れさせると、その影響で色々考えられなくなって思考力が落ちる感覚があって、とてもちょうどいい。

あーでもないこーでもないと反省や明日の仕事の段取りをやりだす自分じゃなくて、

あーつかれた、今日何したっけ?明日何だっけ、よく思い出せないな、となる。

思い出せないのが、とても良い。

いつも仕事のことを瞬時に思い出す必要はなくて、寝る前の数分明日の段取りを考えれば、事足りると気付いた。

思考のポートフォリオを自分で決めるのは自由で面白い。

もっと思い出したいことを集中して、それしか考えないようにすることができるし、その方が楽しい。

仕事は生活の中の時間を占めすぎていて(普通のサラリーマンだと)いいことも悪いことも起こりやすくて、真面目に考え出すと感情がすごいことになる。怒ったり泣いたり自分の有能感に嬉しくなったり他人の評価に落ち込んだり。

考えれば考えるほど中毒性が高いトピックだなぁと思う。

私はそのおもちゃをこねくり回して一日の大事な数時間を嫌な感情で過ごすのはもうこりごりだな。

思考は自分が選んでいることに気づけて、最近生活をより楽しめるようになって嬉しい。

 

 

 

 

平日の銀座食べ歩き

2日前からどうしても小籠包が食べたくて、思い立って一人で銀座の鼎泰豊に行ってきた。

きっと平日でも混むんだろうと思って、11時の開店目がけて行くつもりが、11:15到着。

だけど、お席はまだ余裕があった。(ほっ)

気持ちに余裕が無く、席についた瞬間にオーダー。

小籠包+えび麺セット。

写真は無し。

撮ろうと思ったけど、小籠包とえび麺が時間差で出てきたり、先に出てきた小籠包が美味しすぎて、食べたというより、あっと言う間に吸い込んでしまった。

ああ…小籠包ってなんでこんなすぐ無くなるんだろう。気がつくと全部消えている。

この世に鼎泰豊のわんこ小籠包ができる店はないのだろうか?

今日は4ついただいたけど、50個くらいは頑張れば食べれると思うんだけど。

お店の方が小籠包をどんどんお皿に入れてくれてストップかけるまで食べられるシステム、どこかに無いかな。

妄想は置いておいて、えび麺を私は初めて頼んだ気がするんだけど、これがとても美味しかった。

いつも炒飯頼んじゃう。

麺はしこしこ。えびはぷりぷり。スープはしょっぱすぎないけど、透き通ってて美味しい。

つい飲み干しそうになるほど。

次もえび麺を頼むと思う。

 

その後、銀座三越に移動して和菓子売場に。

週末いつも人がたくさんの仙太郎の並びが少なかったので、初めて行ってみた。

おはぎ、そんなに好きなわけじゃないけど試してみよう。

 

結局たくさん買ってる。

渋栗蒸し、月見団子、最中、おはぎ2つ、栗どらやき
f:id:nagisa_diary:20230928203405j:image

f:id:nagisa_diary:20230928203415j:image f:id:nagisa_diary:20230928203431j:image

この左下の白いおはぎ、落花生のおはぎ。

迷いつつ買ったけど、当たり!の美味しさ。

下の紙に付いている餡まで綺麗に取って食べた。

この日は暑かったから、冷やした加賀棒茶と一緒にいただいて、それもまたいい組み合わせだった。


f:id:nagisa_diary:20230930080453j:image

三越を出て、Venchiへ。

いつも池袋東武のお店で買うから室内だけど、銀座は食べるスペースが外なので溶けるのが早い。

マスカルポーネ&キャラメライズドフィグと、パッチョディダーマ。

差すチョコの種類は選べないようだったけど問題無し。

お客さんはほぼ外国人。店員さんは英語で接客。

すごいなぁ。

銀座は海外からの観光客が本当に多いので、最近はある程度英語で接客できないといけなさそう。

英会話が販売員の基本的スキルの中に入ってきているような。

コロナが明けて、円安で人が押し寄せて、インバウンド新時代だね。

 

 

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ銀座でのランチ

子育てに手を焼いている。

なーんにも言うことを聞かない(汗)

他人は変えられるものではないと頭では理解していても、なかなか悟りの境地に至っておらず疲弊する毎日…。

 

話は変わり、先日念願のランチに行ってきた。

週末だったので、二か月前から予約していた。

ここは相当前から来たかったんだけど、タイミングが合わずなかなか来れなかったところ。やっと来ることができてとても嬉しかった!

www.la-bettola.co.jp

 

ノンアルコールの飲み物…お名前忘れました。見た目も美しい。
f:id:nagisa_diary:20230921085544j:image

前菜盛り合わせ
f:id:nagisa_diary:20230921084819j:image

カルパッチョ
f:id:nagisa_diary:20230921084837j:image

牛ホホ肉の赤ワインソースのリガトーニ
f:id:nagisa_diary:20230921084854j:image

新鮮なウニのスパゲティ
f:id:nagisa_diary:20230921084915j:image

秀味豚のカツレツ トマトとルーコラのサラダ添え
f:id:nagisa_diary:20230921084934j:image

カスタードプリン
f:id:nagisa_diary:20230921084953j:image

パンナコッタ
f:id:nagisa_diary:20230921085014j:image

 

サービスの方々の接客がとても行き届いていて、カップルやファミリーや色々な年代のお客さんにそれぞれ合わせた接客をされている印象だった。

マニュアル通りではない、温かい感じ。

 

今回いただいたお料理はどれも最高!で、まだ次の予定はないけれど、次伺った時に同じものにするか別のものにするか既に迷ってしまっている。

これがダントツというのはなく、どれもダントツに美味しい。(困る)

平日だと、直前でも予約が取れることがあるみたい。

 

あと、私ラ・ベットラのパスタソースをあまり買ったことが無かったんだけど、このランチ後にいくつか試してみたら、すごく美味しいんだね。知らなかった。

近所のスーパーに数種類置いてあるから、今一種類ずつ試しているところ。

これとか美味しかった。

www.sbfoods.co.jp

 

そうだ、長いトンネルのような子育て、集中しすぎると余計なことを考えたり言ったりしてしまうから、

素晴らしく美味しいものに意識を向けて、明るい気持ちでいるべきだ。

絶対そうだ。

ということで、今日もどこか美味しいランチに行かなければ!(え?)

 

本当時間は全員に平等で、それを何に費やすかも自由。

嫌なことや不安なことの思考に全部使ってしまうよりかは、かりそめでも小さくてもいいから気分が良くなることを見つけて、時間に明るい色を塗っていきたいと最近思う。

その方がきっと全体的な結果も良くなるんじゃないかな。

 

ヘルシオで簡単パン

パンが家に無いけど、強力粉はたくさんある日。

あれをやるしかない…と夜おもむろに作り出す。

はるあんちゃんのほったらかしパン。

youtu.be

何度も作っているけど、失敗したことが無い、素敵なレシピ。

朝食に食べたくて、夜寝る前に種を作って冷蔵庫に入れて、朝方起きたタイミングでひとこねし、二度寝して朝食前に二次発酵させて焼く。私は一時間くらい。

 

クープに美味しいオリーブオイルをたらり。

f:id:nagisa_diary:20230904085717j:image

バリっと焼き上がり。
f:id:nagisa_diary:20230904085736j:image

中はふわふわもちもち。
f:id:nagisa_diary:20230904085758j:image

 

ヘルシオで作る時はウォーターオーブンにするか、普通のオーブン機能で焼くか迷いどころだけど、私は普通のオーブン機能で焼いている。パリッと感が出る気がして。

でも今動画見たら、水蒸気出るオーブンの場合それで焼くとクープが綺麗に焼けるって言ってる…今度はウォーターオーブンでやってみる!

 

うちのヘルシオは2段だけど、1段でも十分だと感じている。

楽天スーパーセールで狙ってみるのもいいかも。


 

 

 

 

トマト色の夏

今年の夏休みは前半の三連休で帰省。

今回は美味しい果物をいただくことが多くて、シャインマスカットやトロトロの甘い桃などを堪能させていただいた。

もぎたてのとうもろこし、とっても美味しかったなぁ。

 

楽しい帰省から東京に戻ると、なぜか起こる肌荒れ。

美味しいものばかり食べるからなのか?

スキンケアは帰省先でも変わらないのにな。

 

そんな時、冷蔵庫に常備している無塩の紙パックのトマトジュースをごくごく。

すぐには治らないかもしれないけど、トマトジュース飲んで悪いことも無いだろうと思う。

 

ここ数カ月トマトにはまっていて、たまに美味しいフルーツトマトに当たるとすごく嬉しい。

フルーツトマトって書いてあるのをスーパーで買ってるのに、本当に美味しい時と、普通の時があるのはなぜ。当たる確率、結構低い😂

 

トマトジュースも好きになってしまい、買い置き。

紙パックでそのままちゅーちゅー飲んでもいいし、これまたおまじないみたいに、コップに出してMCTオイルをたらして飲むのもいい。

味にはそんなに影響しないし、脂肪だけ早く無くなってほしい。

 

トマトジュースって結構色んなシーンで使えるなと気づいてきて、

最近すごく早い便の飛行機に乗った時に、空港で朝ごはんどうしようか悩んで、昼に重た目のものを食べる予定があったからあえて食べなくても…と思っていた時に、

ラウンジに置いてあったトマトジュースがちょうどいい朝食代わりになった。(2杯も飲んだ。)

そのまま飛行機でもコンソメスープをいただいたら、もうおなかいっぱいの気分に。

お食事代わりにトマトジュース。

 

家で仕事している時の気分転換にも使える。

おやつの時間におやつを食べないで、トマトジュース飲むと割と気が紛れることに気づいた。

甘くて、普通のフルーツジュースより少しだけモッタリしているからおなかにたまるような錯覚。

 

トマトジュースで痩せるとは思わないけど、普通に美味しいし、立派なストレス解消の一つの手段になってきた。

そういえばGABAも入っているらしいし、リラックス効果も有るのかも。

 

今日の夕食はセブンイレブンで購入したカプリチョーザのトマトとニンニクのスパゲティだった。

初めて買ったけど、卒倒しそうに美味しかった。

今度2個くらい買いだめしないと…。

 

トマトに惚れた夏。

今後の夢は色んな品種を食べて、好きな味の安定した品質の美味しいトマトを見つけること。

どこにあるのかなぁ、私の運命トマト。

 

【一人の家ランチ】そうめんの冷製カッペリーニ風


f:id:nagisa_diary:20230802154819j:image

誰もいない一人家ランチ。

茹でたそうめん一束を、美味しいオリーブオイルと美味しい塩ふたつまみと(美味しい調味料というのが多分大事)こしょう、ほんの少しの白だし、おろしにんにくと、

きゅうりとミニトマトしらすを入れ、

お箸でぐるっと和えてみた。

 

美味しい。

カッペリーニの冷製パスタの味がする。

途中から粉チーズも少しかけてみた。

きゅうりは野菜摂取的にはありだったけど、無くてもよかったかも。

 

これは家族の皆さんにも披露できる味かもしれない!

適当に作った試作がうまく行って嬉しいお昼だった。

 

オリーブオイルと塩は、勝間和代さんが紹介されていたものを使っている。

本当に美味しいの。そこらへんのものと味が全く違う。親にもプレゼントしている。


 


 

ただのそうめんがこんなに美味しくなるなんて。

明日の昼もそうめん研究に精を出そうと決心した。

ちなみに、そうめんはこちらのふるさと納税で。


 

ふるさと納税のオススメ麺の記事はこちら:

nagisa-diary.com